諸戸アイサン住拓
お問い合わせはこちらから
2018.8月上旬  日本一やかましい祭 『 石取祭 』

「石取祭」という名前の由来は?
桑名南部を流れる町屋川(いなべ川)の清らかな石を採って祭地を清めるため、荷車に石を載せて鉦太鼓を打ち鳴らして、春日神社に奉納する祭が発展したと言われています。

3日間の流れ
初 日「おかっつぁん」
2日目 試楽 「叩き出し」
3日目 本楽 「渡祭」

画像3
画像3

初日「おかっつぁん」
石取祭は3日間行われ、初日の夕刻に、春日神社や氏神様に祭りの安全を祈念して、唄いながら参拝する「おかっつぁん」がはじまります。

歌は、かなり面白い歌詞です。
一緒に歌えるようになれば、あなたも石取りっ子!


★祭歌「おかっつぁん」★
 お勝っさんは うちにか 蟹が桃をはさんで はさみちぎって ほったったほったった なんにもかも ほったった町屋川原の 撫子 野花 昼は萎れて 夜は開く あぁ でんや でんやめでた めでたの若松様よ 枝も栄えて 葉も茂る あぁ でんや でんや

 桑名の石取祭は 鉦や太鼓で ゴンチキチン 叩くときゃよかったが 後でお手々が肉刺(マメ)だらけ町々の宿では 笹を立てて 注連(しめ)張って飲んだり 食ったり 飛んだり 跳ねたり 山形に ちょういとつけたる十二張 子どもは浮かれて お勝っさんは うちにか 蟹が桃をはさんで はさみちぎって ほったったほったたの ほったたの ほったた 

画像3
画像3

2日目 試楽 「叩き出し」
午前0時、春日神社の神楽太鼓の合図で各町の鉦と太鼓が一斉に鳴らされ、待ちにまった瞬間が訪れます。

その日の夕刻には各地区を祭車が練り歩き、それぞれの組町内で夜の11時過ぎまで鉦太鼓を打ち鳴らし、それぞれの見どころが楽しめます。

3日目 石取祭のクライマックス「渡祭」
午後からそれぞれの祭車が「御籤占式(みくじうらないしき)」で決められた並び順で整列するために市内の待機場所に向かいます。
午後3時には整列が完了します。
午後4時30分になると、祭車は一斉に春日神社に向けて巡行を開始します。
午後6時30分には春日神社で花車(1番はじめに参拝する祭車)の渡祭がはじまり、8分ごとに次から次へとそれぞれの祭車の渡祭が行われます。
渡祭が終わった祭車は、午後9時から田町交差点で4台ずつ集まり鉦太鼓を打ち囃し、競演を行います。この時、渡祭前の緊張した姿とはまた違った祭の姿が見られます。

画像3
無形文化遺産「石取祭」を盛り上げて行きましょう!
簡単にではございますが、他府県、海外からお越しの方にも楽しめるように「石取祭」のご紹介をさせていただきました。
歴史あるお祭りなので、桑名の魅力の一つとして伝えて行きたいと思います。

2018.04.22~ 『 自作のスイカを食べましょう! 』
スイカ

OBお客様の畑でご指導のもと、スイカを作ります。

おいしくな~れ♪

夏に収穫して、食べられるまでが楽しみです♪

2018 新年明けましておめでとうございます。
H27年お引渡し

旧年中は格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございました。
新年も皆様にとって実り多きものになりますよう心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017.04.22~ 『ステンドグラス教室!』
好評の為、ステンドグラス教室は先着5組様と追加2組様お越しいただきました。
ステンドグラス施工例はコチラ


2

■ 材料選び
『どれが良いですか~?決められない~』
って悩まれて当然ですが、ほんとに好みです!

■ 配置決め!
『ん~、こんな感じかな~』
何度も並び変えて、イメージして決めていただきました!

チラシ

■ K様
『長崎っぽくていい!』
と、長崎生まれのご主人様から褒めていただいたそうです!

■ S様!
『楽しい!』
来月は母の日イベントを開催します!親子でお越しください!

スケジュール


1


■ 堀さん
『あぁぁ~!!』
と、優しくご指導いただいてありがとうございました!
 

■ スタッフ 富田
『結構、難しいですね~』
スタッフの作品は展示場に飾る予定です!

2017.02.12~ 『手形を作ろう!』
1月14、15日の予定だった毎年恒例のOBお客様との『新春感謝祭』は、15日大雪の為中止となり申し訳ありませんでした。2月11、12日第2弾を開催いたしました。手形も好評で楽しい時間を過ごすことができました!
さつまいも

焼いも


さつまいも



焼いも


画像3 画像3

同時開催しました『完成見学会』ご内覧いただいた18組の皆様ご来場ありがとうございました吉之丸A号棟

2017.01.14~ 『 新春感謝祭 』
恒例新春イベント『ぜんざいの日』!
受付

14日は雪が降る中、12組のご家族にご来場いただきました。
(15日は大雪の為、お客様の安全を考えイベントを中止いたしました。)
 

玄関(靴)

お子様には、ご来場記念に桧の額に入った天然素材の美ら壁(珊瑚の塗り壁)に手形を取って喜んでいただきました。

2016.11.1~ 『住宅ストック循環支援事業』
若者の住居費負担の軽減及び良質な既存住宅の流通を促進し、既存住宅売買瑕疵保険に加入する既存住宅の取得や、耐震性が確保されたエコリフォーム、一定の省エネ性能を有する住宅への建替えの取り組みに対して国がその費用の一部を補助する制度です。
詳しくはコチラ→ https://stock-jutaku.jp/reform/

画像3 画像3

TOCLAS
トクラス名古屋ショールムにて新商品発表

今がチャンス///
お得にエコリフォーム

補助金対象商品などお気軽にお問合せください!


0120-417-987





2016.10.22 『いもほり』体験!
OBお客様のK様、諸戸アイサン住拓のお客様に喜んでいただく事をご提案くださって本当にありがとうございました。
さつまいも

本当に可愛い姿!声を出して頑張っていました!

焼いも

さすが6年生女子!トカゲも平気で、力もあります!

さつまいも

外で、皆んなで食べると味も気持ちも最高でした!

焼いも

焼いもは、お子様にも大好評!

画像3 画像3

K様の畑をお借りして、この日の為に苗植えからツル取りまで一緒に準備していただきました。

画像3 画像3

ほとんどのお客様は、『里芋がこんな風に出来なんて知らなかった!』と驚かれていました。
その事に、一番驚かれていたのはK様でした!

画像3 画像3

石焼きイモ!また甘みが深まり最高に美味しかった!取りたての柿も!
でも、夏に食べた桃も忘れられません!

2016.07.30 『諸戸祭り』&桑名水郷花火大会
画像3 画像3

諸戸アイサン住拓の近くで上がる花火は、大迫力で付近はとても混雑します。

今年の場所取りは花火前日の18時スタート!

昼過ぎから座りこんでる方も多く、18時あっという間にシートでいっぱいになっていました。

OBお施主様をご招待する楽しみなイベント『諸戸祭り!』

210名の方と、通りがかりの方に楽しんでいただきました!

画像3

家を購入されたときは1歳だったお子様と、社長の記念撮影!

画像3

いつもスーツ姿の坂さん(お手伝い)お客様もビックリ!

画像3

諸戸アイサン住拓は堤防から150m!のんびりと花火を堪能!

画像3

今年も、花火と皆様の笑顔が最高の夜でした!

2016.06.19北海道研修旅行
6月19日(日)函館
チラシ

展望台から、五稜郭は星型の大地。函館山、津軽海峡が眺望。
強化ガラスの床で下が見えたり360度のパノラマを堪能。


平成22年に復元工事が完了した特別史跡五稜郭内の中心にある『箱館奉行所』に吸い込まれる様に入りました。

2


日本伝統建築のたたずまいを再現した、趣のある空間を体感しました。

6月20日(月)洞爺湖

世界をもてなした『ザ・ウィンザーホテル 洞爺』
2008年第34回主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット会場)

洞爺湖が一望できる『大自然のアート!』に描き出されたのは、真っ白な霧。(悪天候の中、滞在時間1時間程の為)

6月21日(月)小樽
チラシ

にしん御殿『貴賓館』
青山家は祝津の網元で、にしん漁で巨万の富を築き上げました。現在の価格に換算して総工費35億円といわれる豪邸。

北の美術館17歳の少女の夢が残した『旧 青山別邸』
大正6年から6年半の歳月をかけ最高の素材と匠の技で建てられた、青山別邸は2011年有形文化財として登録されました。

チラシ

『ニッカウヰスキー余市蒸留所』NHK朝ドラ『マッサン』のモデル竹鶴政孝と妻リタは、初の国産ウィスキーを誕生を支えました。1934年に余市に設立され今も受け継がれています。

原酒は樽を通して呼吸し、木の成分を取り込ながら熟成を遂げ琥珀色に変化します。手作業での樽造りの技は、創業時から人から人へ受け継がれています。『伝統の技』守られています

2016.06.11~ 『父の日イベント』
スケジュール


木の材料


現場監督が『子供達のことを考えただけです!』って用意された道具は流石です!!
『お父さん、いつもありがとう!』
世界に一つだけの箸をプレゼントしよう!




やっぱりプレゼントしないで『 my箸にする! 』そうです!!




箸造り
スケジュール

建具や家具を造る職人さんや大工さんと一緒に、良質な木材での手造り体験!

木の材料

ヒロ木工所オーダーメイドで夢のある空間を造ります!
< 施 工 例 >

2016.3.27  『木の勉強バスツアー』
スケジュール

ご参加いただいた方に、1本の木から職人達の想いがこもっていることを感じ、より一層家造りを楽しんでいただくバスツアー!木の勉強と、いろんな体験で楽しんでいただきました!

1

■ 何より嬉しいのは!
『花粉症です~』
って言われていたご夫婦も参加していただきました!

2

■ 椎茸取り
『椎茸ってこうやってできるんだ~』
って声が上がり、質問したところ皆さん初めての体験でした!

■ 共同作業!
『美味しい~』
枝を集め、先を削り、食材を焼く!焼き芋は帰り道にバスで!

チラシ

■ 丸太火鉢!
『なるほど~』
丸太に切れ目を入れて空気を通します!網を乗せれば火鉢に!

■ 木の断熱性!
『すご~い!』
丸太の中が燃えていても外側は触れます!木の家の断熱効果!

■ 木登り!
『チャレンジャ~』
はしごを使い命綱を着け、木登り体験!まさかの女性希望!
 

■ 木の上でバンザイ!
『高いですよ~』
今日のお客様の中では、彼女が1番早く上まで行かれました!

2016.02.02~地域貢献『リビングプラザオープン! 』
報道ニッポン 再生日本

報道ニッポン 
平成21年1月1日発行(7年前)『日本の教育が向かうべき道とは』報道特集に諸戸アイサン住拓が掲載されました。


特別企画再生日本
『企業家たちの横顔に迫る』の取材の中でゲストの渡嘉敷さん、恩田社長と上岡次長の対話(左下の画像クリック)

企業家たちの横顔に迫る 伝統と現代が融合する町家誕生

渡嘉敷さん
『諸戸アイサン住拓』さんはどのような形でスタートされたのですか。
恩田社長
当社の源流であり『日本の山林王』とも呼ばれた諸戸家の一部門である『諸戸産業』に入社。昭和63年に『諸戸アイサン工事』の販売部門として『アイサン住拓』が設立され、平成元年に『諸戸産業住宅事業部』の閉鎖に伴って事業を継承し、『アイサン住拓』から『諸戸アイサン住拓』に社名変更しました。再スタートを切って以来20年という歳月が経ちましたね。
上岡次長
諸戸家の事業の中で、『諸戸林産』に在籍し、後に出向という形で『諸戸産業住宅事業部』に移り、社長と出会いました。それが昭和50年のことですから、もう30年以上の付き合いになりますね。

そして、今!地元の皆様に感謝の想いで地域貢献スタートしました!
リビングプラザ

旧事務所を自然素材で改築し、地域の皆様に喜んで頂ける場所に!

内観

自治会の寄り合い、手芸、ベビーマッサージ教室などでご利用ください

いきいき体操

『桑名いきいき体操』の皆さんから元気にスタートしていただきました

囲碁

(右端 上岡次長)  









諸戸アイサン住拓株式会社は、三重県桑名市をはじめ、四日市市、名古屋市など天然木の注文住宅を手がけている地域密着型の工務店です。私たちがつくる家は「三重の木」の無垢ヒノキ柱をはじめ、無垢板貼りの壁、サンゴの塗り壁、和紙の壁紙など、人に害のない自然素材を多用し、化学物質を用いていないので、シックハウス症候群を引き起こす心配はありません。アトピーやアレルギー症状がある方でも快適に過ごしていただけます。また、木材は耐震・耐火にも優れているので家づくりの素材としてとても最適です。設計では、ハウスメーカーと違って、法令・予算以外の制約がないので自由に設計していただけます。自由設計というとコストが高いと思われがちですが、工夫次第でコスト調整も可能です。弊社は直接契約、直接施工、直接管理のため、余計な中間マージンもかからず、良い商品を適正な価格でご提供させていただいております。また、弊社が管理~施工を一貫して行うことで、竣工後のアフターケアおよび万が一の不具合が発生した場合でも、お客様の家を知り尽くしているので、早急に対応することができます。リフォームのこともお気軽にご相談ください。

Copyright (C) Moroto Aisan Jutaku, Co., Ltd. All rights reserved.